FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

死にそこないの僕にも新しい朝はやってくる

Posted by 飛呂人 on   0

人生は苦しきことばかり

楽しきは遥か遠い日々


残り4分の1程度の人生

未来など見たくもない


カーテンの隙間から

うっすらと差し込む朝日


新しい朝が

僕を迎えにきた


こんな死にそこないの僕にも

新しい一日がまたやってきた



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

Trackbacks

trackbackURL:http://miyuhika.blog96.fc2.com/tb.php/635-5ba2f45f
該当の記事は見つかりませんでした。