FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

めぐりゆく季節のように

Posted by 飛呂人 on  

毎日が

人生が

楽しいと思えたあの頃

傍らにはいつも

友達がいた

仲間がいた

恋人がいた


街は好きなもので

あふれていた

頭の中は夢で

あふれていた

めぐりゆく季節のように

そんな時代がまた

巡ってこないかな



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。