FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

消化試合の毎日に光を

Posted by 飛呂人 on   0

いつかきっと

きっとそのうち

そのうちぜったい

そう云いながら

がむしゃらに

歩いてきた


そして

たどり着いた場所

詐欺ばっかりの

暴力ばっかりの

理不尽がまかり通る

弱きをくじくこの世界


何がどう転がって

こうなっちゃたなんて

関心ないみたいに

誰もが毎日を

消化していく


フランス料理のフルコース

食べれなくたっていい

宝くじの一等なんて

当たらなくたっていい


もう少し あと少し

明日が見える所まで

歩けない僕を

引っ張っていってくれないか

この世界

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


雨の中から見た虹

Posted by 飛呂人 on   0

ひょんな場所で

近所の人と

ばったり会った

あいさつぐらいはと

声を絞り出すも

言葉が出てこない

そう言えば長いこと

喋ってなかったな

自分の声に驚く


気まぐれな夏の空

囃し立てるように蝉の声

救急車のサイレンの音が

心のふちに突き刺さる


突然降り出した雨は

一瞬のうちに

褪せた町

飲み込んでいく


雨に擬態した僕の

目に飛び込んできたのは

ピュアシルバーの

美しい町と

雨向こうにかかる

パステルカラーの虹


初めてこの町を

好きと思えたこの瞬間

いつまでも大切に

胸の中 しまっておこう


雨上がりの町

ビルも

信号も

街路樹も

人間も

ピカピカに光ってた

ゆく夏を惜しむかのように

蝉がまた騒ぎ出した

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


青い空とスイカとラムネ

Posted by 飛呂人 on   0

青い空にわた菓子雲

庭になすの牛ときゅうりの馬

縁側の風鈴聞きながら

井戸で冷やしたスイカ

かぶりつく

小麦色に輝く

プール帰りの子供たち

TVの向こうから

「かっとばせ~」「かっとばせ~」

キンキンに冷えたラムネ

飲み干して

猫と一緒にひと眠り


想い出はいつだって

絆創膏だらけの心

癒してくれる

きっといつかは

かさぶたも取れるだろう

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


該当の記事は見つかりませんでした。