FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

今を生きられない

Posted by 飛呂人 on   0

部屋から外に一歩踏み出せば

呼吸すらうまくできない

なんて生きにくい世の中だ

ああ昔は良かったななんて

くたびれたオヤジの言うセリフ

今日も残された人生を

見えないふりしてやり過ごす



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

真夜中の友達

Posted by 飛呂人 on   0

淀んだ部屋

底なしの閉塞感に

恐る恐る開けた

カーテンと窓

ひんやりした風が

語りかけるように

そっと

僕の頬を撫でた

窓から空を見上げれば

星がひとつ

僕を見つめ笑った

孤独で暗い心に

届いた優しい光

まだまだ

僕は大丈夫かい

朝になったら

窓を開けてみるね



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

青い空に一粒の雨

Posted by 飛呂人 on   0

新しい時代が

始まったっていうのに

相も変わらず

じたばたしているオイラさ

前に進めないまま

また今日が過ぎてしまった

遠い遠い昔

アイツと見た旅の空は

どこまでも青く広く

夢が未来が光輝いていたっけ

人目を避け歩く

今のオイラの目に映る青い空は

同じ眩しく青い空なのに

どうしてこんなに

悲しく見えるんだろう



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。