FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

自業自得な人生に乾杯!

Posted by 飛呂人 on   0

薄っぺらなプライドと

安っぽい優しさを

振りかざし生きてきた

そして今

心許した友がいなくなった

気の合う仲間もいなくなった

それでいい

きっとそれがいい

人生はまだまだ続く

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


変わりゆく風景の中の自分

Posted by 飛呂人 on   0

電車のドアにもたれながら

ぼんやり外を眺めてる

変わりゆく風景の中に

溶け込んでいない自分が映る

はじめて見たビル群に

心躍らせていた日は遠く


降り立つ駅は今も昔も

人人でごった返ってる

変わりゆく風景の中に

ふと甦ってきた記憶

そういえばこのあたりに

靴磨き屋さんが並んでいた


変わらないもの探すのは

容易なことじゃないよね

変わりゆく風景の中に

よろけながら歩く男

ガラスに写っていたのは

まぎれもなく自分だった

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


こんな世の中に幸せってほんとにあるのかい

Posted by 飛呂人 on   0

たくさんのカラスが

早朝の路地裏で

必死にゴミを漁っている

こんな世の中に生まれてきて

やつらに

幸せってほんとにあるのかい


たくさんの不安と

ストレスを抱えながら

どうにかこうにか暮らしている

こんな世の中に生まれてきて

俺等に

幸せってほんとにあるのかい


世界中のどこかで

不条理な正義の名のもと

今日も命が失われている

こんな世の中に生まれてきて

我々に

幸せってほんとにあるのかい

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


人生というドラマの中の共演者たち

Posted by 飛呂人 on   0

人の名前浮かばなかったり

体がついていかなかったり

歳は取りたくないもんだ

いつのまにかそんなセリフが

よく似合う年頃になってた

生きているうちが花って言うけれど

ほんと死んだらつまんないよね

何もかもすべて永遠に

消えてなくなっちゃうもんね

きっと僕は寂しくてたまんないな

だから時々でいいからさ

誰か僕のこと思い出してくんないかな

ひとりぼっちの今の僕には

叶わない願いかもしんないな

だけど僕はずっと忘れないよ

僕はきっと忘れないよ

人生というドラマの中で

輝いてた共演者たちのことを

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。


該当の記事は見つかりませんでした。