FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

空の上のアンタへバカヤロー

Posted by 飛呂人 on   0

駅前のビルのでっかい居酒屋で

度胸試しさといってカラオケしてたアンタ

あんまり歌が上手いもんだから

どっかの客にアンコールされていたね

俺たちまだ若かったし

怖いもの何もなかったし

酒をしこたま飲んでは

どんちゃん騒ぎばかりしてたね


アンタがいたから

今の自分がいる

アンタがいなくなったから

今の自分がいる

アンタに一度でいいから

もう一度アンタに会いたいな

言いたいことがあるんだよ

ありがとう

そして

バカヤロウ


つい最近

あの居酒屋のあったビルの前を通ったけど

もうあの居酒屋はなくなっていたよ

またひとつ想い出がなくなっちまった

アンタがまたひとつ想い出を

持ち去っていったんだね



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

じいちゃんといた夏

Posted by 飛呂人 on   0

コンクリートジャングル

真夏の都会は

まるでサウナにいるようだ

フラフラと

ビルの中に逃げ込んだ

昔もこんなに暑かったっけ

ふとそんなこと考えていた



縁側で夕涼みしているじいちゃん

庭に打ち水しているじいちゃん

とうもろこしを焼いてくれたじいちゃん

プールに連れて行ってくれたじいちゃん

花火をしてくれたじいちゃん

クワガタを採ってくれたじいちゃん

朦朧とした頭の中に

じいちゃんといた夏がやってきた



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

遠い夏の追憶

Posted by 飛呂人 on   0

光る海に

青い空と白い雲

灼熱の太陽と麦わら帽子

砂の上のスイカ割り

海岸にあふれるサマーソング


今僕はいつの夏を夢見ていたんだろう

ずっと遠い夏には違いないだろう

夏が来るたびに 想い出がひとつ

またひとつ薄れてゆく

忘れ去られた記憶の中に

またひとつ眠ってゆく



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

さあ今日を始めよう

Posted by 飛呂人 on   0

時間が刻々と過ぎていく

今この瞬間も過去になっていく

未来に怯え

想い出にすがる日々

いったいどのくらいの時間を

無駄に過ごしたのだろう

大切なのは

過ぎた時間ではなく

未来の時間

さあ ゆっくり深呼吸をして

今日を始めよう

明日のために



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

ほんとうに幸せはあるのかい?

Posted by 飛呂人 on   0

結果がでない

いくら頑張っても

何も生まれない

努力が足りない?


前が見えない

いくら進んでも

光は射し込まない

もう必要ない?


どれだけ戦えば

どれだけ悲しめば

どれだけ祈れば

本当の笑顔が見れる?


どこまでいっても

なにも得られない

行き着いた先に

本当の幸せはある?



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。