FC2ブログ
社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。 

夢のかけら

夢のかけら追いかけてゆこう

遠い日の俺たちが描いた夢

忘れてしまわないように


四畳半の湿っぽい部屋で

俺たちは夢を語り合った

まだ学生気分の俺たちは

世間知らずのガキだった

金もないその日暮らしの日々も

夢と希望で腹一杯の俺たちには

充実した幸せな日々だった

あれから長い歳月が過ぎた

あいつらの夢は叶っただろうか

まだ夢を追い続けているだろうか

夢を見失ってはいないだろうか


いつの日かまた

あの場所に帰ろう

遠い日の俺たちが描いた夢

忘れてしまわないように


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

依存症

春なのに肌寒い夜

僕の心に

寂し気な風が吹いた

切なくて

虚しくて

気づいたら

アイツの名前を

つぶやいていた

アイツとあの時代に

今だ依存症


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

若葉の季節

いつもの散歩道

すれ違う人はみな

しっかりと

前を見て歩いています

若葉が映える季節なのに

オイラときたら

まだスタートラインにすら

立てていません

もう桜の季節は過ぎたというのに


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

ひとりって

誰にも邪魔されず

気を使う必要はなく

煩わしいことは何もない

なんてひとりは

気楽で心地いいんだろう


なのに

なんでこんなに淋しいんだろう

なんで涙が出るんだろう


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

それじゃまた

ピンクに染まった

小径

川面を流れる

花びらたち

近づく別れの時

短い時間

幸せをくれて

ありがとう

また会いましょう


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

春の嵐

風が窓をたたく

春の嵐は容赦なく

オイラをたたき起す

夢ばかり見てるオイラに

いい加減 目を覚ませよと

お願いだ

桜の花よ

散らないでおくれ

もう少し

夢を見させておくれ


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

四月

四月の空に

夢色ふうせんが

舞い上がっていくよ

これから始まる

すべての出来事を

祝福しているよ

さあ

新しい風に

吹かれよう

さあ

新しい一歩を

踏み出そう


↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

ブログ内検索
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ