FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

空の上のアンタへバカヤロー

Posted by 飛呂人 on   0

駅前のビルのでっかい居酒屋で

度胸試しさといってカラオケしてたアンタ

あんまり歌が上手いもんだから

どっかの客にアンコールされていたね

俺たちまだ若かったし

怖いもの何もなかったし

酒をしこたま飲んでは

どんちゃん騒ぎばかりしてたね


アンタがいたから

今の自分がいる

アンタがいなくなったから

今の自分がいる

アンタに一度でいいから

もう一度アンタに会いたいな

言いたいことがあるんだよ

ありがとう

そして

バカヤロウ


つい最近

あの居酒屋のあったビルの前を通ったけど

もうあの居酒屋はなくなっていたよ

またひとつ想い出がなくなっちまった

アンタがまたひとつ想い出を

持ち去っていったんだね



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

消えた街と秋の風

Posted by 飛呂人 on   0

それじゃまたと

いつものように

みんなと別れてから

どのくらい

時間が過ぎただろうか

飲み明かしてた

馴染みの店も

待ち合わせ場所の

駅前通りの喫茶店も

姿を消してしまった

街の景色も世の流行りも

すっかり変わってしまった

変わらないのは空の色と

街を通りすぎゆく秋の風

街のどこかで

懐かしい人の声が

聞こえた気がした



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

明日も良い一日でありますように

Posted by 飛呂人 on   0

たそがれ時の駅は

一日を終えた人たちで

溢れ返っていた

家路を急ぐ人

これから飲み会にいく人

友達と遊びにいく人

恋人と待ち合わせてる人

みんな

今日一日

お疲れ様でした

今宵も素敵な夜でありますように

明日も良い一日でありますように



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

あの素晴らしい日々をもう一度

Posted by 飛呂人 on  

街を出て

早13年

何やってんだろ

金も時間も友人も仲間も

全部無くしちまった


アンタが去って

早8年

淋しさハンパじゃねえよ

どんな酒でもアンタとじゃなきゃ

ちっともうまくねぇよ


帰りてぇー

あの日に帰りてぇー

あの素晴らしい日々を

もう一度



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。