FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

青い空に一粒の雨

Posted by 飛呂人 on   0

新しい時代が

始まったっていうのに

相も変わらず

じたばたしているオイラさ

前に進めないまま

また今日が過ぎてしまった

遠い遠い昔

アイツと見た旅の空は

どこまでも青く広く

夢が未来が光輝いていたっけ

人目を避け歩く

今のオイラの目に映る青い空は

同じ眩しく青い空なのに

どうしてこんなに

悲しく見えるんだろう



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

さらば平成 、よろしく令和

Posted by 飛呂人 on   0

平成という時代が

幕を閉じようとしている

思えば長くも短い

30年だった

何ひとついいことのない

挫折続きの

くそったれの時代を

呪ったこともあった

薄っぺらい僕の

薄っぺらい想い出が

今はなんか少し

愛おしい

新しい時代が来たって

きっと僕は

何も変わらないだろう

でも新しい時代を

迎えられることを

素直な心で

感謝したい

さらば平成

よろしく令和

お手柔らかにどうぞ



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

昭和のともしびよ消えないでくれ

Posted by 飛呂人 on   0

一年もすれば

平成が終わりを告げる

平成ってどんな時代だったっけ

時代の波に翻弄され

思い出ひとつも浮かばない

遠ざかりゆく昭和のともしび

そのうち

平成レトロなんて言葉が

流行り出すのかな

今よりずっとずっと不便だった

懐かしの古き良き時代

昔は良かったなあって

言い合えるヤツらがいないことが

今は何よりも寂しくて悲しい



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

忘れじのウイ・アー・ザ・ワールド

Posted by 飛呂人 on   0

何十年も段ボール箱の中で

眠っていた一本のカセットテープ

聞き覚えのある歌声たちに

震えが止まらなかった

あいつらと力合わせて歌った

渾身の『ウイ・アー・ザ・ワールド』

ひとりひとりの顔と声が

時代とともによみがえる

刹那に過ぎ行くときの中で

こんな時代があったこと

どこかに忘れてしまっていた

「人生まんざらでもなかったじゃん」

あいつらにそう言われた気がした



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

良き時代の良き旧友へ送る真夏のメッセージ

Posted by 飛呂人 on   0

セミの声が騒々しくなりました

暑さ厳しい折 いかがお過ごしですか

僕は毎日グダグダ生きています

身を隠すように生きています

過去にしがみつき生きています

未来に怯えながら生きています

赤っ恥さらして生きています

なんとか僕は生きています

どうかくれぐれもご自愛ください



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。