FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

別れは「さよなら」じゃなく「それじゃまたね」

Posted by 飛呂人 on   0

出会いの数だけ

「さよなら」がある

「さよなら」の数だけ

出会いはもうない

僕の人生

もう「さよなら」だらけ



ふと聞こえてきた

中学生たちの

元気な声

「それじゃ明日」

「また明日ね」

聞き慣れた言葉が

心に響く

やっぱり別れは

「さよなら」より

「また明日」だね

それじゃ みんなまた明日



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

オリンピックイヤーだ!

Posted by 飛呂人 on   0

真っ青なキャンバスに

描いた未来

光の中

風を切り走り抜け

確かな明日へ


人気のない砂浜で

投げつけたディストレス

夕闇の中

波にせかされ

光輝く明日へ



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

自由と孤独楽しもう

Posted by 飛呂人 on   0

肩まで伸ばしていた

髪を切り

長年の相棒だった

髭を剃った

とくに深い意味はないけど

風呂上がりの牛乳飲みたいな


天気予報は明日も

雨は降らないらしい

季節の風に乗って

遠くまで出かけてみようか


もっと

自由と孤独楽しもう

そっと

悲しみと痛み受け入れよう


昨日と違う明日が

今日を越えた明日が

やってきそうな秋の夕日



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

消化試合の毎日に光を

Posted by 飛呂人 on   0

いつかきっと

きっとそのうち

そのうちぜったい

そう云いながら

がむしゃらに

歩いてきた


そして

たどり着いた場所

詐欺ばっかりの

暴力ばっかりの

理不尽がまかり通る

弱きをくじくこの世界


何がどう転がって

こうなっちゃたなんて

関心ないみたいに

誰もが毎日を

消化していく


フランス料理のフルコース

食べれなくたっていい

宝くじの一等なんて

当たらなくたっていい


もう少し あと少し

明日が見える所まで

歩けない僕を

引っ張っていってくれないか

この世界



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

過去と現在を彷徨う黄昏人

Posted by 飛呂人 on   0

昭和の匂いプンプンの

路地を通り抜けると

そこは

悠々とそびえ立つビルの群れ

過去と現在を

彷徨いながら

いったい僕は

何を探しているんだろう

黄昏時の遠い空に

問いかけてみても

返ってくるのはいつも

それじゃまた明日



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。