FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

別れは「さよなら」じゃなく「それじゃまたね」

Posted by 飛呂人 on   0

出会いの数だけ

「さよなら」がある

「さよなら」の数だけ

出会いはもうない

僕の人生

もう「さよなら」だらけ



ふと聞こえてきた

中学生たちの

元気な声

「それじゃ明日」

「また明日ね」

聞き慣れた言葉が

心に響く

やっぱり別れは

「さよなら」より

「また明日」だね

それじゃ みんなまた明日



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

孤独な老いぼれオヤジの独り言

Posted by 飛呂人 on   0

白髪いっぱい増えて

足腰弱くなって

お酒飲めなくなって

涙もろくなって

人の名前思い出せなくなって

別ればかり多くなって

ああ年は取りたくないって

ため息ばかりついてます

若き日々に思いを馳せながら

一日無駄に過ごしてます

年は取りたくないものです



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

消えた街と秋の風

Posted by 飛呂人 on   0

それじゃまたと

いつものように

みんなと別れてから

どのくらい

時間が過ぎただろうか

飲み明かしてた

馴染みの店も

待ち合わせ場所の

駅前通りの喫茶店も

姿を消してしまった

街の景色も世の流行りも

すっかり変わってしまった

変わらないのは空の色と

街を通りすぎゆく秋の風

街のどこかで

懐かしい人の声が

聞こえた気がした



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

最後のさよならを云う前に

Posted by 飛呂人 on  

それじゃまた



別れた仲間の後ろ姿を

見送ったのは

遠い遠い夏の日のこと

夢叶い社長になった奴

ずっと独身貴族を貫いている奴

子供ができ親ばか炸裂してる奴

こつこつと地道に暮らしている奴

ローン地獄にもがき苦しんでいる奴

風の噂もなく行方知れずの奴

年一回の年賀状で安否を知らせてくる奴

そして

駆け足で天国に上がっていった奴

みんな大好きだった

また会いたい

そして昔のように

みんなと戯れたい

最後のさよならを云う前に



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。