FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

忘れじの時代錯誤の熱き路上シンガー

Posted by 飛呂人 on   0

旅の途中に立ち寄った

駅前広場の片隅で

ギター片手にひとり歌う

長髪に髭のいかしたにいちゃん

ストレートで素直な歌声と

心揺さぶる熱いフレーズ

まばらな聴衆の背中越しに

僕はひっそりと聴いていた

時代錯誤だっていいじゃない

時代遅れだっていいじゃない

忘れかけた大切なものに

なんか触れたような気がした


あれから五年過ぎた今も

にいちゃんは歌っているだろうか

心の叫び解き放っているだろうか

駆け足で過ぎていく季節を

ただ見送るだけの僕に

もう一度聴かせてほしいよ

一緒に歌わせてほしいよ



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

今はない遠い遠い日

Posted by 飛呂人 on  

眼を閉じると

浮かんでくるのは

懐かしい人の顔

まるで昨日のような

遠い日

もうアイツの笑顔

見ることはない


古い旋律流れれば

浮かんでくるのは

仲間と過ごした日々

まるで昨日のような

遠い日

もうアイツらと

寄り添うことはない


語り合った馴染みの店も

バカ騒ぎした気の利いた居酒屋も

唄い合ってたあのときのギターも

もうない

今はない

遠い

遠い日




↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
該当の記事は見つかりませんでした。