FC2ブログ
社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。 

僕らの今日が始まる

朝がきて

ほっとため息

生きてる

なんも期待してないけど

今日が始まる

次の朝がきて

また次の朝がきて

なんも変わらないけど

生きるしかないじゃん

僕らの住んでるこの世界

いろいろざわついてるけど

生きてくしかないじゃん

どこからか聞こえてくる

やさしいメロディー

みんなのとこにも

届けばいいのにな

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

今を生きられない

部屋から外に一歩踏み出せば

呼吸すらうまくできない

なんて生きにくい世の中だ

ああ昔は良かったななんて

くたびれたオヤジの言うセリフ

今日も残された人生を

見えないふりしてやり過ごす

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

真夜中の友達

淀んだ部屋

底なしの閉塞感に

恐る恐る開けた

カーテンと窓

ひんやりした風が

語りかけるように

そっと

僕の頬を撫でた

窓から空を見上げれば

星がひとつ

僕を見つめ笑った

孤独で暗い心に

届いた優しい光

まだまだ

僕は大丈夫かい

朝になったら

窓を開けてみるね

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

青い空に一粒の雨

新しい時代が

始まったっていうのに

相も変わらず

じたばたしているオイラさ

前に進めないまま

また今日が過ぎてしまった

遠い遠い昔

アイツと見た旅の空は

どこまでも青く広く

夢が未来が光輝いていたっけ

人目を避け歩く

今のオイラの目に映る青い空は

同じ眩しく青い空なのに

どうしてこんなに

悲しく見えるんだろう

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

さらば平成 、よろしく令和

平成という時代が

幕を閉じようとしている

思えば長くも短い

30年だった

何ひとついいことのない

挫折続きの

くそったれの時代を

呪ったこともあった

薄っぺらい僕の

薄っぺらい想い出が

今はなんか少し

愛おしい

新しい時代が来たって

きっと僕は

何も変わらないだろう

でも新しい時代を

迎えられることを

素直な心で

感謝したい

さらば平成

よろしく令和

お手柔らかにどうぞ

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

クズの幸せの在り処は

世の中じゃ今

オレもオレもと

己の存在価値を

自慢し合う

未熟なテロリストたちが

大手を振って歩いてる



世の中の何もかもが

嫌になり

ここにいる存在価値すら

わからない僕は

世に言う

人間のクズなんだろう

人間のクズが

幸せに暮らせる所って

何処にあるんだろう

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

我、農道を行く

日毎に日が伸びていくのを

恨めしそうに空を見上げる

せめて雨でも降ってくれれば

人通りも少なくなるのにな

町のはずれの

鎮守の森へ続く

一本道の農道

あくびをしている猫以外に

すれ違う車も人もなく

我が道を行く

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

置いてきぼり

今日もいたずらに

一日が流れ

働き者のカラスは

森に帰る



日替わりの痛み

癒えることなく

空っぽの頭ン中

ひっかき回す



瞬きひとつ

星は流れて

途方に暮れて

闇に飛び込む

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

ガラクタのこころ

使い物にならないガラクタが

身の回りにひっそりと転がってる

誰からも見向きもされず

誰からも必要とされない

まるで僕のようだ

ひとりよがりな自慢話も

お涙頂戴の苦労話も

誰も興味なんかないし

鼻で笑われるのがオチだ

世間はそんな暇じゃない

生きるしかない

迷わず今を

歩くしかない

ひとり感じるままに

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

ヴィーナスに感謝を込めて

早朝の公園

背中丸め

佇む

老いぼれひとり

東の空

母のような

ひときわ輝く

星ひとつ

生まれた時から

今日までずっと

守ってくれて

ありがとう

↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ