FC2ブログ

セピア通りの詩

社会からはぐれてしまった孤独が好きな寂しがり屋の日記。日々生きる意味を探しています。

桜だよりは届いたかな

Posted by 飛呂人 on   0

桜の季節になると

思い出す

故郷に帰った

唯一無二の友

旅先の

城址公園の

満開の桜の下

若かりし日の僕らは

滑稽なほど

胸躍っていた

あれから40年

色褪せた写真が

笑っていた

あいつの故郷にも

そろそろ桜だよりが

届く頃かな



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

置き去りにされた風の町

Posted by 飛呂人 on   0

吹き荒ぶ夜風が

打ちひしがれた心に

追い打ちをかける

今にも消えそうな街路灯

ポツンと寂しげな公衆電話

剥がれかけの広報ポスター

使い捨てられた自転車

悲しくむせび泣く電線たち

みんな泣いている

ひとりぼっちで泣いている

置き去りにされた風の町



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

思い出してくれ

Posted by 飛呂人 on   0

見えない明日に

嫌気がさして

思い出ばかり

ひっかき回す

今も瞼に浮かぶのは

アイツらのこと



なあ みんな

明日は見えてるかい

昔はよかったなあなんて

ぼやいてはいないかい



たまにでいいからさ

オイラのこと

思い出してくれよな

心底愉快だった

あの時代のことをさ



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

一年で一番ロマンチックな日

Posted by 飛呂人 on   0

手がかじかむほど寒い12月の朝

気持ち良さそうに泳ぐ池のカモたち

そのほのぼのとした姿に

冷え冷えとした心

温まっていく


神社の片隅の古びたベンチ

先客の野良猫としばし同席

その愛らしい姿に

くたびれた心

癒されていく


これは僕への贈り物?

これが僕へのクリスマスプレゼントだとしても

僕は心から幸せを感じるんだ


明日はクリスマスイブ

街は

ロマンチックであふれるだろう

みんな元気してるかな

幸せに暮らしてるかな

思い出さずにはいられない

一年で一番ロマンチックな日

みんな Merry Christmas!  



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ

雑踏の中の逃亡者

Posted by 飛呂人 on   0

交わす言葉見つからなくて

知らんぷりしてやり過ごす

誰にも触れられたくなくて

雑踏の中紛れこんだ

忘れたいと思えば思うほど

記憶が追いかけてくる

闘うための刃はボロボロで

逃げ惑う僕は逃亡者

命尽きるまでずっと僕は

逃亡者



↓ランキングに参加しています。応援していただけたら幸いです。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 寂しいオヤジ・孤独なオヤジへ